肉欲団Z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の想いで不動産は変わる


人気ブログランキングへ



どーも、しくじり大家です


前回のブログ、予想以上に好評で、おかげさまで一気にランキング上がりました!!

皆様、クリックありがとうございました
順位が上がると、やっぱり嬉しいものですね!
↓↓↓↓↓

押したら戻ってきてね~

この物件、まだまだ書きたいことがあるんです

前回書けなかったことをもう少し書いてみたいと思います




その前に、、、

オーナーさんには事前に了解を取って掲載したのですが、
「肉欲団Zって、たしか毒吐きブログのはずなのに、、、どうしちゃったんですか?」と言われてしまいました。。。



いつもの調子で書いてよかったんすかね??

では、言わせてもらいます



あまりのボロ好きで、新品買った方がはるかに楽ちんなのに、そして誰も気づかないどーでもいい細部までこだわる、ド変態女性大家さんのブログはこちらです!!




うーん、、、disる言葉が思いつきませんっ!w

このオーナーさん、綺麗で品のある女性大家さんなんです

丸投げ大家さんの悪口ならいくらでも書けるんだけどw


にもかかわらず、リノベの話になると、なんでこんなド変態に変身するのでしょうか。。。




そろそろ本題に入りますw


団地は、建物と建物の間隔が広くてそこに公園があったりするため、狭小地に無理やり建てる昨今の住宅事情とはかけ離れた世界、と今回改めて感じました

容積が余ってるんだから実質タダで建て替えられるかも!?って思うのでしょうか

この団地でも、建替計画はあったそうです

しかしいろんな理由があったのでしょう、結局建て替えないことが決まり、その代わりに必要な修繕を行ったり、住みやすい環境を整備するために積立金を取り崩しているとのこと

外壁も築50年にしてはかなりキレイでした

20170614003300d16.jpg

公園もこれだけ広いと、何もしないとすぐに雑草で荒れ果ててしまいます

20170614003257087.jpg

しかしこの団地では隅々まで手入れされていて、鳥のさえずりも至る所から聞こえてきて、とても気持ちが良かったです

緑化には、かなりのコストをかけているとのこと

でも普通、直接的メリットの無いものにお金をかけるのって、難しいですよね

公園整備よりも、エレベータつけろとか

500世帯以上のマンモス団地なので、その巨額の積立金で私腹を肥やす輩が現れたりとか

そんな人がいてもおかしくない



そう、この団地には健全なコミュニティが成り立っているのです

その場に行って、周りの雰囲気を感じれば、分かります

細部を見ればいろんなことがあると思いますが、健全なコミュニティが形成されていれば、邪悪な者は遠ざかるものです



コミュニティに成功した団地は強いです

某大手が手掛けたとある団地側マンションの話ですが、築30年以上経ったのに売却価格が下がらないのです

一時期、近隣に住もうと思って調べたことがあるのですが、売値も賃料もありえない金額なんです

築10年くらいの同条件の近隣マンションよりも高かったり

売れ残っている訳ではなく、戸数が多いから常にどこかが募集しているだけ

住んでよし、貸してよし、売ってよし、不動産投資の勝ち組ですね



しかし、コミュニティって結局は人なので、移ろいやすいのも事実

つい先日、武蔵小山が取り上げられてました

自分達で一生懸命ブランディングしたアーケード商店街、人気が出たら自ら商売するのをやめて、賃貸で楽して儲けるようになったとのこと

挙げ句、タワマン着工で、商店街を壊してしまうと


もっとも、自分達で頑張ってつくりあげたモノから利益を享受しているだけで、ビジネスとして非難されることではないと思います


そこに生活している人たちで魅力的な街をつくりあげ、結果として土地が高くなった

土地が高くなったことで新しい住人が移り住み、新たなコミュニティが出来上がる

更に魅力が増して土地値が上がるのか、廃れて下がるのかは、新しい住民達に委ねられているだけ



長々と書いてきましたが、今日書きたかったことは至ってシンプル



いい人の周りには、いい人が集まり、不動産の価値も上がる




堅実なシェアハウス運営している大家さんって、この辺りのことをよく理解しています

女性専用シェアハウスでも、住んでいる人同士の仲が良いと、部屋も共用部もどこもキレイなもの

しかしコミュニティがうまく形成されないと、男子禁制の秘密の園なんて、とても見れたもんじゃない、、、




このオーナーさんがこの団地の購入に踏み切ったのは、部屋から見える大きなケヤキ

20170614004404323.jpg

そう、この団地は、公園を整備したことでこのオーナーさんがやってきて、ボロボロだった部屋が蘇ったのです



しかもこのオーナーさん、入居者さんとのコミュニケーションも楽しみます

別の所有物件には、犬3匹と暮らしている入居者さんがいるとのこと

オーナーさんも犬を飼っていることから、家族ぐるみのお付き合いだそうです

入居者さんにとって、こんな大家さんなら住んでいて安心ですよね



この団地のお部屋、入居者自身で壁を塗り替えてもOKです

このオーナーさん、入居者さんから相談されたら喜んで手伝うって、目を輝かせて私に話すのです

変な入居者さんが入るなんて、ありえないです



蘇った部屋に素敵な入居者さんが住むことで、団地にまた一つ、活気が戻る

数百世帯のうちの1世帯の話ですが、それが積み重なった時のパワーは、、、




ハードである不動産がこれだけ高騰してしまった以上、今の時代を生き残るにはソフトで勝負するしかない、と思うのです



毎年のように新築物件が誕生します

ハードではちょっと見劣りしても、魅力的なソフトがあれば、勝てるかもしれない

最近のプレイヤーの多くは、自ら運営をしないで業者任せ。ハードに頼り切りなんです

例えば、高機能高品質の日本のガラケーに対して、iPhoneが世界を席巻して日本の携帯市場も変えたのは、アプリのおかげのように、、、



住まいの主役は、そこに住んでいる人




自分の物件の入居者さんを、まるでキャッシュマシーンのように言う人がいます

毎月ちゃんと払ってくれていればそれでいい

私、どうしても違和感があったんです

それでは入居者さんの視点で自分の物件を観察できず、気付かぬうちに居住環境を悪化させてはいないか

空室が続くと、部屋を埋めることだけを考えてしまい、大事なことを忘れがち

仲介に執拗にお願いしたり、ADを上積みしたり、そんなことをしないといけない物件に、どんな人が入るのか

本当は、この部屋に住みたいって思わせることに投資する方が、自然と流れができるもの




え?

理想論はどうでもいいから、どうやったら魅力的な入居者がやってくるようになるかですって??

そういえば、この団地の他の部屋が売却に出てたような、、、しかもボロのまま

買いたい人、います??




あ、でもその部屋、キッチンは途中で交換されてしまい、ごくごく普通のキッチンでした



201706111124547b4.jpg

簡単にはマネできないんですよ





自分の頭で考えないで儲けようなんて、甘すぎるんです




ポチが多かったら続きを書こうかな、、、
まだネタがあるんです!!

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


団地リノベの詳細はこちらから

関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。